2018年 7月 18日 (水)

高木美帆に銀メダル×3個 その重さと「4年後」の重さ

印刷

<テレビウォッチ> スピードスケート女子チームパシュート(団体追い抜き)で、銀メダルがとれた。準決勝でポーランドを破った日本は、金をかけての決勝をドイツと戦った。

団体追い抜きで銀

   が、最後の1周で1秒14あったリードをひっくり返されて、100分の2秒差の銀になった。悔しい銀だ。

たった

   この種目、トリノでは4位だったが、実は3位決定戦で優位にいながら、1人が転倒したのだった。今回の3人のうち田畑真紀(35)はその時のメンバー。小平奈緒、穂積雅子(ともに23)は五輪初出場だった。

   トラック6周2400メートルは長い。ドイツチームはこの日、メンバーを長距離選手中心に変えてきた。これが終盤で効いたのか、残り2周、1周と追い上げ、最後にやられたのだった。穂積が「足が長ければぁ……」といったそうだが、橋本聖子団長も「金しか狙ってなかった」と悔しがった。

   よかったのは表彰式のあと。表彰台から降りた3人が、メンバーながら控えにまわったスーパー中学生の高木美帆(15)の首に3つのメダルをかけた。「メダルが重い」と嬉しそうな高木の笑顔がなんともよかった。

   で、スタジオでは「0.02秒とは?」となった。最後にゴールした選手のスケートの先端で決まる。その差は――ラップタイムから計算すると、25.72センチと出た。みのもんたが、「たったこれだけ」と「25.72センチ」の紙をくしゃくしゃと丸めてみせた。

世界との「差」

   「でも、3人がメダルを高木選手にかけて、『メダルが重い』って、3つかければ重いよ」(笑い)

   そこで、久保田智子が「現地に高畑さんがいます」。「エーッ! まだいたの?」(笑い)とみのがまぜっかえす。高畑百合子は、「会場で見ていても、0.02秒はわからなかった」という。会見でも「0.02秒差」に質問が集中した。田畑選手は「世界との差はほとんどないが、これをどう詰めるか」といったと。

   と、その最中、高畑が「聞こえますか? カナダが勝った?」という。何事かと思ったら、アイスホッケーの決勝でアメリカに勝った、その瞬間だった。すぐ隣接のアリーナからの大歓声が起こっているのだという。

   浅田真央じゃないが、「あっという間に」終わったバンクーバー五輪。メダルの数はともかく、これまでとれなかったメダルもいくつかあった。あとは閉会式を残すのみ。選手たちの重い4年がまた始まる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中