2018年 7月 22日 (日)

久保田智子アナ、マラソン完走 その翌朝の放送には…

印刷

<テレビウォッチ> きのう(2月28日)行われた東京マラソンに、「朝ズバッから久保田智子選手が出場しました」とみのもんたが声を張り上げた。「リハーサルにも出ないで練習してたのか?」「ちゃんとやってますよ」と久保田。

スペシャルドリンク

   しかも、冷たい雨の中、4時間を切る快走。「切ったね」「切りました」

韋駄天の

   さらに、「日本テレビの女子アナにも」「いやだぁ」「どうでもいいタレントにも」「何をいってるんですかぁ」「圧勝しましたぁ」「はい」「しかもこれ、日本テレビの中継ですからね」。いいたいのは、そこだったか。

   東京マラソンはこれが4回目。出場希望者31万人から、抽選で3万5000人が参加した。スタートの8時の気温5.2度という寒さで、雨まで降っていた。

   芸能界からはボビー・オロゴン、博多華丸、髭男爵のひぐち君などが参加した。久保田もそのなかにいたのだが、5キロを約25分という快調なペースで、井上貴博が、スペシャルドリンクを渡そうと電車で先回りするのだが、追いつくのがやっと。

   日比谷でミスった井上は、今度は浅草・雷門前で待ち構えたが、11時の気温はさらに下がって3.1度。とうとうミゾレまじりになった。ここで井上がようやくドリンクを渡せた。「渡せましたぁ」と、カメラ2台がとらえたが、これが割り込み中継の限界か。

「自己新だ」

   35キロ地点の築地では、足がつりそうだと「ちょっとストレッチ」。ここで立ち直って無事にゴール。久保田は元気で、「自己新だ」と時計で確認。結局公式タイムは、3時間57分56秒だった。

   その久保田はこの日、けろりと朝から司会をしている。みのが「すごいねぇ」。井上も「久保田さんが早すぎて……」という。

ちなみに芸能人で、久保田より上だったのは、猫ひろし(2時間55分45秒)とノッチ(3時間34分42秒)だけだった。

   末吉竹二郎が、「走っただけじゃなくて、朝早くからこうしてお仕事してる」

   みの「戦後強くなったのは……靴下と……ですねぇ」

   ここで久保田が「みのさんも走れますよ」と逆襲。

   みの「走れますぅ? 何いってんの、韋駄天のみのといわれた」と走るまねをするのだが、勝負は明らか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中