2018年 7月 21日 (土)

猫ひろし、ノッチ、くわばたりえ 東京マラソン「完走の感想」

印刷

   都心のコースを走る東京マラソンが2010年2月28日に行われた。芸能人では猫ひろし、「デンジャラス」ノッチ、「クワバタオハラ」くわばたりえらが参加し、見事完走。ブログにもその感想を書き込んでいる。

「改名危機」猫ひろしのタイムは

   3時間以内のゴールを目標にしていた猫ひろしの成績は、2時間55分45秒だった。目標達成ができなければ、芸名を本名に戻す「危機」を乗り越えたのも一安心。レース後には電話やメール、ツイッターで祝福が寄せられた。「浅草キッド」玉袋筋太郎からは「おまえのネタには感動したことねえけどよ、おまえが今日重ねた数字(タイム)には感動したぞ!」と言われたらしい。今度はネタでも感動させたいというが、レースは思い通りに進められて、練習が裏切らなかったことを実感している。

   ノッチは3時間34分42秒でゴールした。雨降りしきるスタート時は身体も冷えて、固くなっていたという。シューズも水浸しだ。10キロを超えると、身体もあたたまり、皇居の付近に到達。「東京マラソン」に参加している実感もわく。ただ、32キロを過ぎると今度は、太ももやふくらはぎに違和感が。伴走した大学生ランナーの励ましもあり、記憶が飛びそうになりながらも踏ん張ったそうだ。ゴールでは「鬼嫁」が迎え入れてくれたのにも感謝している。ちなみに、テレビ中継でノッチは「バイクが欲しい」とおねだりしていたけれど。

   一方、くわばたは、走っている最中にもブログで何キロ地点を通過したかを逐一報告して、レースを楽しんでいたようだ。沿道には、手作りの垂れ幕を持って応援してくれた人がいて、ずいぶん励みになったらしい。37キロ過ぎた辺りでも見かけ、「涙出てきたわっ」「感動しました!」と喜んでいる。ちなみにレース中は、トイレと足の痛さには悩まされたそう。翌日はきっと、想像を絶する筋肉痛が待ち受けているのではないかと不安で、「起きるの怖いわぁ~」と嘆いていた。<テレビウォッチ>

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中