30~40代女性とひな人形 購入者急増のワケ

印刷

<テレビウォッチ>今日(3月3日)は楽しいひな祭りの日だが、ひな祭といえば女の子のためのお祭り。この日を飾るひな人形も、大人になったり、結婚したりすればもう飾らないほうがいいと思う人が少なくないようだ。

マイひな人形

   しかし、番組が日本人形協会会長に聞いてみたところでは、「何歳までとかいう決まりはない。結婚したら飾る必要はないというのでもない」とのこと。そもそも、ひな人形は人間の身代わりとなって厄災を引き受けてくれる存在なんだそうで、その御利益は人間が何歳になろうが変わりはないのかもしれない。

   協会によれば、この数年は、30~40代やおばあちゃん世代の女性で、自分のために「マイひな人形」を買う人が急に増えているという。

   この人形のそもそもをさらに辿れば、人間の厄災を持たせて、川に流したりしたものが原型だという説もある。いまでは取り澄まして鎮座しているあの人形も、昔はけっこう苦労して(させられて)いたようである。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中