2018年 7月 17日 (火)

ミムラ地デジ化で手術 「喪失感」の理由とは

印刷

   女優のミムラが2010年3月2日のブログで、「黒子(ほくろ)をとることにした」と報告している。

   子どものころから左の額にあったというが、「演じる役によっては明らかに邪魔に」。くわえて、より映像が鮮明になる地デジ化の流れ。「もうハラを決めたほうがいいようだ」、と取る決断をした。

   記事更新は手術の前夜。鏡ごしに「まじまじと」額にあるほくろを眺める。「どうなるのか…」。この段になって初めて気づいたというが、実はミムラは額のほくろが気に入っていた様子。「ちっぽけなもの」でも、なくなってしまったら「喪失感があるかもしれない」。そう思うようになったのだ。

   納得してベッドに入ったつもりだったのに、結局寝不足のまま病院に向かったそうだ。<テレビウォッチ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中