2018年 7月 23日 (月)

民主党への期待 小沢幹事長が邪魔してる?

印刷

テレビウォッチ>きのう3月3日から始まった参院予算委員会で、閣僚3人が遅刻した。前原国交相が2分、原口総務相が4分、仙谷国家戦略室長が6分。舛添要一議員が怒ってた。「ダメじゃないか。参院をバカにしてるのか」と。

政治とカネの打撃

   あれ舛添議員、そんなことも知らなかったの? 衆院は参院をバカにしてますよ。その最たるものが小沢幹事長。彼の目に参院は、ただの「数」です。だからこそ次の参院選に勝たないといけないと。彼の政治哲学は、自民党時代から変わってない。

   その民主党には相変わらず「政治とカネ」の問題。一方自民党には、谷垣総裁の指導力の問題がある。これが舛添議員の「谷垣おろし」発言になったり、きのうは「(大島幹事長の)顔が怖い」と若手からクレームがついたり。

   久々に登場した岸井成格が、あれやこれやをまとめて斬った。

   民主党には、長崎知事選と町田市長選の結果はショックだった。「政治とカネがこんなにも深刻だったかと」。さらに、北教組幹部の逮捕。参院選は組織の戦いだから、これも打撃だという。

   一方の自民は、選挙の結果は出ているのに、支持率はあがらないどころか下がっている。このままでは参院選を戦えないのではないかという、若手のあせりがある。そこで出てきた舛添発言には、「勝手な推測だが、自分が自民を飛び出す可能性と、谷垣おろしができれば、次はオレだと思ってる。硬軟両様のかまえ」。

   三屋裕子が、「(舛添が民主党議員の名前をあげて)同じ考えといったのはどういう意味?」

   岸井「まず小沢独裁体制反対。どっちかというと保守的な考え方で、社会党系ではないと。でも、いわれた方はたまんない」

   みのもんた「民主もなぜ支持率が下がったか、政治とカネを認識してる?」

   岸井「これほど政治とカネに背を向けた国会はない。全部ノーでしょ。それはすべて小沢さんの進退に関わってくるから。みんな避けてるが、逆だ。このままいくと、幹事長の首だけですまなくなる」

   不起訴にはなったが、4億円の虚偽記載は明らか。また17億とかのカネも記載してなかった。中には政党助成金も。「もう説明できなくなってる。政権交代して民主党への期待はまだあるのに、小沢さんが障害になっちゃってる」

   嶌信彦は「ここまでくると、議員辞職までいかないとすまないのに、感性として鈍い」。まったく鈍い。それが権力の落とし穴なのか。

   みの「鳩山さんが、そろそろ辞めるか、といえないんですか?」

   岸井「わたしも辞めるから、といわないと」

   みの「ハァー……ということですよ、みなさん」

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中