2018年 7月 21日 (土)

連休分散化へ反発 某キャスター「バッかじゃねーの?」

印刷

テレビウォッチ>キャスターの小倉が「バッかじゃね~の?」と大声をあげた。

   『祝日』の休みを廃止し、ゴールデンウイーク(GW)などの大型連休を分散する政府プランが3月3日、観光立国推進本部(本部長・前原国交相)の分科会で示されたことへの感想だ。

「会えなくなる」

   定着している伝統行事などへの影響もあり、机上プランで簡単に事を進めていいものかどうか……

   観光需要を掘り起こし、内需拡大に繋げようという狙い。政府案によると、日本列島を5つのブロックに分け、春は5月第1週の週末から6月にかけ、秋は10月から11月にかけ、週末を絡めて順繰りに5連休を新たに作ろうというもの。

   そのかわり憲法記念日(5月3日)、みどりの日(同4日)、こどもの日(同5日)、海の日(7月第3月曜日)、敬老の日(9月第3月曜日)、体育の日(10月第2月曜日)の祝日は名前だけ残し、休みを廃止するという。

   現行の大型連休が分散すれば、高速道路の渋滞もなくなり、ホテルや旅館も安く利用でき、需要が生まれるというわけだが……。「地域ごとに休みが異なると取引に支障が出る」との反論も。

   さらに例年200万人を集めた『博多どんたく』(5月3日~4日)や、弘前の『さくらまつり』(4月22日~5月5日)なども影響が出るおそれが。

   スタジオでは、中野美奈子アナが賛成した以外、小倉のほかコメンテーター全員が反対した。

   その小倉は「何のために暦があって休日が決まっているのか分からない」と多少感情的に。タレントの眞鍋かをりも「東京と北海道に家族が住んでいる。これでは誰も会えなくなってしまう」と。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中