連休分散化より 休日増やした方が良くない?説

印刷

テレビウォッチ>もっともレジャーに不向きな休暇期間を改善しようと、政府が動いている。春のゴールデンウィーク、秋のシルバーウィークの祝日を地域ブロックごとに分散して取らせようというのだ。

「もうちょっと議論必要」

   そうすれば、どこにも行きたくなくなるあの混雑が緩和され、家ゴロ派も外に目を向けるだろうとの目論みである。

   「わたしは賛成ですね」と、番組コメンテイターでスーパー主婦雑誌モデルの冨田リカ。「サラリーマンのランチタイム(をずらす)のと一緒で、行きたいところに行きやすくなる」

   弁護士の本村健太郎は逆に、この制度では行きたいところに行けなくなるという。「博多どんたくなどGWの祭りやイベントを見に行けない人が出てくる。地方の観光地は困るのでは」

   テリー伊藤は「いや、ちょっとわからないなあ。祝日を増やしたほうがいいかもしれない」と首を傾げ、司会の加藤浩次は「まだ、もうちょっと議論が必要な感じがしますね」と無難なまとめ。

   リアルのほうもこんな感じで終わりそうな気がしないでもない。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中