2018年 7月 20日 (金)

亀田興毅「運命」感じる 6年前より「進化」の確信

印刷

   WBC世界フライ級王者・亀田興毅がブログで、2010年3月27日に東京・有明コロシアムで行われるタイトル初防衛戦に意気込んでいる。

   相手はポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)。亀田が15歳、17歳のときにスパーリングで拳をまじえたことがあるという。それから6年。「ついに運命の時がきた。まさに運命なんやな」と奇妙な縁を感じている様子。

   相手が「強い」ことを知っている。だが、自らも「6年前より進化してる」。集中して「最高に」仕上げ、そして「絶対に勝つ!」。亀田はそう言い切っている。<テレビウォッチ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中