亀田興毅「運命」感じる 6年前より「進化」の確信

印刷

   WBC世界フライ級王者・亀田興毅がブログで、2010年3月27日に東京・有明コロシアムで行われるタイトル初防衛戦に意気込んでいる。

   相手はポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)。亀田が15歳、17歳のときにスパーリングで拳をまじえたことがあるという。それから6年。「ついに運命の時がきた。まさに運命なんやな」と奇妙な縁を感じている様子。

   相手が「強い」ことを知っている。だが、自らも「6年前より進化してる」。集中して「最高に」仕上げ、そして「絶対に勝つ!」。亀田はそう言い切っている。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中