「広島にオリンピックは来るか?」 茂木健一郎とタクシー運転手の問答

印刷

   脳科学者の茂木健一郎が、2020年のオリンピック開催を目指している広島での体験を記している。

「広島にオリンピックは来ますかね?」

   タクシー運転手に茂木はこう質問した。「さあ、熱心にやっているのは市長1人だからねえ」。素っ気ない。その理由を問うと、「招致に何十億ってかかるんでしょ。交通だって、大渋滞になりますよ」。

   好意的な回答を予想していた茂木は、「なんだか現実という冷や水を飲まされた気持ちになった」とちょっと寂しそう。違う答えが欲しかったのか、茂木はもう一度、別のタクシーの中で運転手に質問したそう。「広島にオリンピックは来ますかね?」。

   「私たちにとっては、遠い大きな夢ですからね。来てくれればいいなあ、と思いますよ」。今度は前向きな回答だった。茂木はお礼をしてタクシーを降り、ふと考えた。

   前者の「冷静さ」と、後者の「夢」。比べようもない。どちらも「人間の心の真実」だ。夢がかなうのか、冷静さが勝つのか、それはまだ誰にも分からない。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中