2018年 7月 22日 (日)

「1番おいしい」女優 サンドラ・ブロックなわけ

印刷

<テレビウォッチ>元夫婦(監督)対決が注目の的となった今2010年のアカデミー賞。蓋を開けてみたならば、妻の「ハート・ロッカー」(番組独自の呼称では「ハートブレーカー」)が作品賞など6冠に輝き、売上記録で歴代世界1となった夫の「アバター」は、ここでは惨敗の格好となった。

「前評判とは逆」

   阿部祐二リポーターは「前評判とは逆の結果になった」と強調したが、司会の加藤浩次は「アカデミー賞は大衆娯楽の作品は獲りづらいって言われますけど……」と言い、テリー伊藤も「ハート・ロッカーのほうがアカデミーは獲りやすいよね。アバターは直球勝負で」と呼応。この2人には意外な結果ではなかったようである。

大衆娯楽の

   一方、渡邉美樹・ワタミCEOは「映画の未来形をバシッと描いたアバターっていうのは、評価されたほうがよかった」と悔しげな表情で語った。

   女優のサンドラ・ブロックは、ラジー賞の最悪主演女優賞と、アカデミー主演女優賞を(それぞれ別の作品だが)立て続けに受賞。テリーは「1番おいしいですよね」とにやついていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中