民主の公益法人チェック 早くも「手ぬるい」と批判

印刷

<テレビウォッチ> 鳩山首相が「国民の大きな喝采をいただけると思う」と、政権浮揚の期待をかける「事業仕分け第2弾」の予告編が公開された。

「バッサリ」本当にできる?

   今回のターゲットは「独立行政法人」と「公益法人」。98ある前者は、すべてからヒアリングが行われ、後者は6625もあるとのことで、290法人に絞りこまれるらしい。番組によると、絞り込みのポイントは「・公的な支出が多い ・天下りを受け入れている ・10億円以上の財産がある ・丸投げして中抜きをしている」所だという。

全部

   仕分けの指揮をとる枝野行政刷新担当相は、きのう(3月9日)「国会審議や会計検査院で問題があるとされた」50法人を公表、「予算がついているから努力しないで変える必要がないと思っている所はバッサリやられると思った方がいい」と述べた。

   仕分け人の1人、尾立参院議員は「中抜きには厳しくメスを入れたい」とし、前回、財務省主導と批判されたことについては「今度は一から自分たちで基準をつくる」と意気込みを見せる。

   コメントを求められた落合惠子が「財務省主導はないんじゃないかな。財務省からもいろんな所に天下りが入っているのではないか」と言うと、森永卓郎は「公益法人に1番のムダがある。290だと全体の5%に過ぎない。全部、一気にやるべきだ」と語り、「やる前に天下りを全面禁止すればいい。そうすれば役所の側にこういう所に金を流す動機がなくなる。なぜやらないのか」とつづけた。

   鳥越俊太郎も「仕分け人を増やしてでも290と言わず、全部やってほしい」と話すと、小木逸平が「制度を含めて踏み込んで行く方針のようだ。明日、枝野行政刷新担当相が番組生出演するので、そのあたりをお聞きしたい」と番宣で結んだ。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中