2018年 7月 22日 (日)

「10年前動画」が再ブレイク トサカにくる話だから?

印刷

<テレビウォッチ> 今週にかけての動画サイトのYouTube(ユーチューブ)では、チリの大地震や、訓練係の死亡に関与したフロリダの水族館のシャチといった話題の動画が再生数ランキングの上位を占めたが、それらを抑えてトップに立った約360万回再生の動画「McDonald's Fail」があった。

   さっそく調査してみると、なかなかショッキングな内容だ。マクドナルドで買ったチキンウィング(手羽先)のフライのなかに、なんとチキンヘッド(鶏の頭)が入っていたというのだ。英語のニュース放送を転載したものと見られるが、放送日時など詳細は不明。映像には、こんがりとフライにされたトリの頭が、トサカやくちばしもそのままに生々しく映っている。

   当探偵社でさらに詳細を調査したところ、2000年にこれとよく似た事件が米バージニア州で発生していたことが判明。さらに、当時の鶏頭の写真と、今回のものとで形状がうりふたつなことから、ふたつの事件は同一のものと断定するに至った。つまり、10年前の骨董品のようなテレビニュースが、いまネット動画界で大ブレイクしてしまったのだ。

   動画によせられた英語コメントでは「気味が悪い」「ショックだ」「もうマクドナルドには行きたくない」などと温故知新な人たちが多い一方、「意外にうまそうだ」「なんにしろ、チキンには違いない」「(チキンヘッド)6個だと、いくらなの?」などと、好意的な(?)評価も見られた。

   なお、このチキンヘッド事件との関連は不明だが、現在、米マクドナルドでチキンウィングは販売されていないという。

OP・コンチーネ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中