古田敦也が明かした トライアスロン挑戦の「経緯」

印刷

   野球解説者の古田敦也がブログで、今2010年の抱負として挙げた「トライアスロン挑戦」の理由を明かしている。

   挑戦を宣言した古田は1月21日の記事で、「あまり泳いだことはありません」「自転車も乗り出したばかり」と不安をのぞかせ、「(挑戦の)経緯は後ほど報告します」としていた。

   10年3月9日の記事で明かした「経緯」とは、「JustGiving Japan」というプロジェクトへの参加だった。誰かが「チャレンジャー」となり、「なにかキツイこと」に挑戦する。それを「応援してくれた人」が、チャレンジャーの指定したNPO団体に寄付する。簡単に言えば、そういう仕組みだという。

   自分の挑戦が何かのきっかけになれば、と古田。「皆さんもチャリティに参加したり、いや、チャレンジャーになってみませんか!」と呼びかけている。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中