オードリーが驚愕 大阪と東京「ロケの違い」とは

印刷

「よゐこ部」(TBS) 2010年3月6日 17時~

   毎日放送制作のバラエティ番組。関西ローカル番組だったが、2009年4月からTBSでもネットされ、関東圏でも見られるようになった。よゐこの2人と毎日放送アナウンサーの吉竹史が「放送部」「写真部」「美術部」などさまざまな部活動に挑むというもので、この日は「食物部」。街にあふれる食物のカロリーを調べながら1万歩歩いて消費したカロリーと同じ分だけの食物を食べられるという恒例企画。仮入部員として登場したゲストはオードリーの春日と若林。初めての大阪ロケ体験ということで、東京のロケとの違いに驚く2人の反応が新鮮だった。
   今回の大阪環状線のグルメ調査、スタートは大阪駅だったのだが、オープニングを撮った後、そこから当たり前のように電車に乗ったことに驚く若林。「普通に電車に乗るんですね。東京の番組だったら駅でロケしてもそこから車で移動しますよ」と。改札口を通るのも各自のICOCA(東京のSUICAと同じ)で。駅から焼肉屋の看板を見つけてそのお店に向かったところ、まだ営業しておらず、「前もって『よゐこ部』のロケで行きますよって言ってないんですか」と。店ロケの許可を得るのもよゐこのどちらかが先に店に入り「ちょっとロケさせてもろていいですか?」と聞き、「ええよ」といわれればOKとその場で交渉することにもびっくり。オードリーが入ることで大阪と東京の番組作りの違いもわかり、面白かった。

(白蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中