2020年 9月 19日 (土)

この閑散が目に入らぬかぁ~ 茨城空港の静かな開港

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。
<テレビウォッチ>「午前8時オープン、あと4分です」とみのもんたがボードをめくった茨城空港の開港。「視界不良のまま」「就航は2路線のみ」「利用客は予測の4分の 1」と、なにしろ冴えない。

「多くの不安かかえ…」

   現地には奥平邦彦がいた。「98番目の茨城空港です……」とターミナルビルの見学デッキからだったが、人っ子一人いない。「閑散としてるね」とみの。見渡す空港には滑走路が2本。遠くの1本は自衛隊百里基地のものだ。ここにも人影なし。機影もなし。

韓国のスターに

   ビルの中では開港式が始まろうとしていた。橋本昌・茨城県知事らがテープの前に並んでいるが、一般の人より関係者と報道陣の方が多い。奥平も「多くの不安をかかえた開港です」という。

   百里基地との共用ということで、建設費は220億円と安かったのだが、いってみれば成田のすぐお隣だ。「首都圏第3の」といっても、地上のアクセスでは茨城は茨城だ。

   当初、札幌、大阪、福岡、那覇への就航を想定していたが、決まったのはアシアナ航空のソウル便とスカイマークの神戸便(4月16日から)と数か月後に釜山へ週3便程度というだけ。81万人の需要予測も、実際は20万人前後とされる。が、ターミナルビルは2000万円の赤字の見込みだという。

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中