ビビる大木たちのなすり合い 横浜中華街で食べ放題バトル

印刷

   お笑い芸人のビビる大木が、芸人仲間と囲んだ食べ放題店のやりとりを、ブログで面白おかしく紹介している。

   2010年3月11日の記事によると、ドロンズ石本武士、クールポコ小野まじめと一緒に入ったのは、横浜は中華街のお店だった。好きな料理をオーダーするシステムになっていて、3人で合計42皿を注文したという。食べきるのは大変だった。むろん、好きなものを食べているというのに、だ。

   食事中はこんなやりとりがあった――。大木が「ザーサイが残ってるけど、誰が頼んだの?」と話をふると、「ザーサイは石本さんも大木さんも食べると思ったから…」とは後輩の小野。そこで、石本と大木が「食べたいなんて言ってない!」と返してからというもの、今度は小野が「餃子は大木さんです!オレは知りませんよ!」「だからオレはチャーハンは反対したんですよ!」などといい散らす始末。似たようないがみ合いが、ラストオーダーまで続いてしまったらしい。

   ともあれ、お店を出ればノーサイド。結局、3人は仲良く、黒烏龍茶飲んで帰途についたということだ。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中