2020年 6月 5日 (金)

「感謝なしに報復」本当? 患者の肋骨折り看護師

印刷

<テレビウォッチ>寝たきりの高齢者6人の胸を次々と圧迫し肋骨を折っていた看護師が傷害容疑で逮捕された。

「ポキッと音が」

   番組が、「これひどいですね~」(小倉キャスター)と犯行の手口、動機をトップニュースで扱った。

ひどい

   逮捕されたのは兵庫県佐用町の佐用共立病院の女性看護師(26)。直接の逮捕容疑は、2009年1月女性患者(当時85)の胸を圧迫し骨折させた疑いなのだが……。

   08年12月から2か月間の間に、他に75歳から99歳までの高齢者5人の患者の「肋骨を折った」と供述している。容疑者は「全身の体重をかけるように胸を押すとポキッと音がした」と話しているという。

   その手口について「他の看護師がいない時に、寝たきりで意志の疎通ができない人を狙った」という。それも第1発見者を装い、「呼吸状態が悪いので見て下さい」と上司にウソの報告する念の入れようだった。

   患者の命を医師と共に守り介護する看護師が、なぜ患者が死ぬかもしれないような犯行を?? その動機について容疑者は次のように話しているという。

「患者が自分に感謝してくれずイライラしていた。仕事上のミスもあり看護師に向いていないのではと悩んでいたが、職場に相談する人がいなかった」
文   モンブラン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中