日本の飽食見直すいい機会? クロマグロ禁輸問題

印刷

<テレビウォッチ>ワシントン条約会議で大西洋・地中海クロマグロの禁輸が決まりそうだという。

「食べ放題なんて歴史…」

   番組では、コメンテイターの勝谷誠彦が「ハッキリ言って、捕鯨もワシントンも、かんけえねー奴がいっぱい入ってるわけです。海のない国みたいのが。こちらは食文化なわけ」などと、いつものように息巻く。

食文化なわけ

   メインコメンテイターのテリー伊藤もこれに続いて気勢をあげるかと思いきや、「むずかしいよね」と慎重な態度。そしてコメントは日本の「飽食」へと進路を取るのだった。

「こういうことってよく日本の食文化だと言うけど、過去こんなにたらふく食ってる歴史なんてないですよ。マグロ食べ放題なんて歴史もないわけで」「本来は刺身、マグロだって『つまむ』と言ってた。そういう文化にも関わらず、そんなムチャクチャに食ってるっての、そういうのもないんだよね」

   築地育ちの通人テリーの目には、現状こそが日本文化の崩壊と映っているようである。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中