2018年 7月 19日 (木)

日本の飽食見直すいい機会? クロマグロ禁輸問題

印刷

<テレビウォッチ>ワシントン条約会議で大西洋・地中海クロマグロの禁輸が決まりそうだという。

「食べ放題なんて歴史…」

   番組では、コメンテイターの勝谷誠彦が「ハッキリ言って、捕鯨もワシントンも、かんけえねー奴がいっぱい入ってるわけです。海のない国みたいのが。こちらは食文化なわけ」などと、いつものように息巻く。

食文化なわけ

   メインコメンテイターのテリー伊藤もこれに続いて気勢をあげるかと思いきや、「むずかしいよね」と慎重な態度。そしてコメントは日本の「飽食」へと進路を取るのだった。

「こういうことってよく日本の食文化だと言うけど、過去こんなにたらふく食ってる歴史なんてないですよ。マグロ食べ放題なんて歴史もないわけで」「本来は刺身、マグロだって『つまむ』と言ってた。そういう文化にも関わらず、そんなムチャクチャに食ってるっての、そういうのもないんだよね」

   築地育ちの通人テリーの目には、現状こそが日本文化の崩壊と映っているようである。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中