2018年 7月 21日 (土)

東大教授も感動 チェスボクシングの魅力

印刷

テレビウォッチ>「おもしろいこと考えたね」と司会の加藤浩次。天才テレビ演出家のテリー伊藤も「これはおもしろい!」と思わず叫んでしまう、まったく新しいアルティメットスポーツ――それがチェスボクシングである。考案者は「知力と体力の究極的な組み合わせ。これは芸術だ」と自信満々だが、さてどんなスポーツなのか。

五輪競技に?

   チェス(4分×6R)とボクシング(3分×5R)を交互に行うのが、チェスボクシングの基本的なルール。チェスの時間には、リングの中央にテーブルと盤が置かれ、椅子に座って各々持ち時間12分で戦う。チェスラウンドが終われば立ち上がり、グローブをつけての殴り合い。勝負はチェスで勝っても、ボクシングで勝ってもOK。チェスの持ち時間がなくなると、それも負けとなる。

おもしろい

   プレーヤーはまだ少ないものの、2003年には世界チェスボクシング機構も発足。テリーは「これはオリンピックの種目になるね」と太鼓判を押し、数年前からネット動画サイトで試合をウォッチしているというロバート・キャンベル東大教授も「感動しちゃいますよ」とおすすめであった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中