鳩山「親バカ離党」説 息子のためなの?

印刷

<テレビウォッチ> 鳩山邦夫・元総務相の離党、新党結成宣言は、どうやら「ひとり芝居」に終わりそうな気配だ。

見切り発車

   この人の動きには「見切り発車」という言葉がよく使われる。落ち着きがないのである。鳥越俊太郎は、元総務相がピエロに見えると言い、「一見、面白おかしく楽しそうにマスコミ上で踊っているけど、同調者がいなくて後ろ姿が寂しい」と話す。

後ろ姿が

   森永卓郎は、鳩山邦夫ジュニアが参院選に出馬するといわれており、自民党から出ることが難しくなっているので、新党をつくって出そうと考えた「親ばか離党」ではないか、と語る。

   「ひとり芝居」の後に伝えられるのは、自民党中堅議員の「群像劇」。世耕弘成(参院)、山本一太(参院)、平沢勝栄(衆院)、河野太郎(衆院)ら、テレビでお馴染みの議員たちが登場する。彼らは、近く谷垣禎一総裁に、執行部刷新の申し入れを行う予定だという。

   番組によると、中堅議員は、大島理森幹事長らの国会運営などに不満を持っているとのこと。参院選を前にして、党のイメージを変えるためには、執行部の交代が必要と判断しているようだ。与党なら内閣改造だろうけど、野党に転落した現在では執行部の顔ぶれを変えることしかできない、ということか。

   「大島さんを変えるかどうかが今後の焦点になって行く」(三反園訓)そうだ。

   自民党の内紛騒ぎは当分、おさまりそうもない。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中