沢尻エリカへ夫が助言 1187字の愛と感涙

印刷

   クリエイターの高城剛がブログで、妻・沢尻エリカに向けた素敵なメッセージを書いている。

「君が仕事に復帰すると聞き、僕は誰よりもうれしく思います」

   2010年3月16日の記述だ。高城いわく、自宅では仕事の持ち込みは厳禁で、ふだんも仕事の話は一切しないらしい。その上、沢尻が出演するドラマ、映画は観ることもないので、仕事の詳細はわからない。だから、広告で彼女の復帰を知った時、街角の広告を見たときには「感涙しました」。

   彼女が仕事を辞めたいと言った時、高城はこんなアドバイスを送ったこともある。

「いままでの仕事上、信頼できる人がひとりもいないならいいけど、ひとりでもいるなら、その人たちがいる限り、出来ることは最後までやるべきではないのだろうか」

   くわえて、挨拶は人と人とが信頼関係を作る上での基本だとも語る。自分から率先すれば、気持ちも楽になるし、何よりも気持ちいい。「緊張せずに、どんな時も落ち着いて笑顔で挨拶できれば、あとは絶対に大丈夫。君の笑顔は、誰よりも素敵だから」と励ましてもいた。

   語りかけるように書かれた愛情こもる文章は実に、1187文字の長文に及んだ。仕事復帰の嬉しさを語った胸の内は、「愛する妻へ」との言葉で結ばれている。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中