2018年 7月 20日 (金)

県警が陸上自衛隊を「誤爆」? 守りたい権利がある

印刷

テレビウォッチ>埼玉県警が警察官募集に使った「守りたい人がいる」というキャッチフレーズが、陸上自衛隊の商標権に触れる可能性があるというので、ポスターなど2万枚を回収する騒ぎになっているという。毎日新聞の記事だ。

キャッチフレーズと商標権

   「面白いねぇ」とみのもんたが大喜び。陸自幕僚監部によると、「守りたい人がいる」は2000年にシンボルマークとともに作成。商標登録し、HPなどで使っている。実は08年にも警察庁が警察官募集の新聞広告で使用して、謝罪したことがあったのだという。度重なる「侵害」に、陸自は「いいキャッチコピーだったんですかね」

弱い

   みのは「いいから使ったんだよ」

   「使わせてやれよぉ」と嶌信彦。「ねぇー」と小松成美も相づち。

   「そんなこと言うことないんだよ」とみの。

   井上貴博が、「他のところがどんなコピーかを調べてみました」

まず警視庁「東京を愛する仕事」
「弱い」とみの。井上は「ぐっときません?」「弱い。それより、守りたい人がいる」(笑い)
愛知県警は「人を守るのは 人しかいない」
みのは「ロボット産業だって頑張ってるからね」「そんなこと言わないでくださいよ」(井上)

   そして大阪府警、「そこの優秀な若者に告ぐ。そんなところに隠れてないで出てきなさい!」(笑い)、「面白い」(小松)、「大阪だね」(嶌)

   しかしみのは、「守りたい人がいる、ってわかりやすい。どこが考えたかといったら陸上自衛隊。いいじゃない」

   柴田秀一と小松が、「権利はもってても……マルCをつけて使わせてやればいい」

   役所のキャッチコピーにも商標権とはね。せっかくのコピーが、なにやらケチ臭く見えてしまいそうだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中