沢尻エリカの復帰 一肌脱ぐ人脱がない人

印刷

<テレビウォッチ>一夜明けると、そこはまだ沢尻エリカだった。番組は、会見での言動の評価や今後の展開を識者のみなさんに聞きまくっていたのである。

   すると、パフォーマンス学のセンセイや「ブレイクの恩人」(番組キャプション)である井筒和幸監督はわりと好意的な見方であった。とりわけ、井筒は「騒がしてなんぼや。頑張ってよ」「今後、女優業に花を咲かせていく道が待ってる」と期待大。

存在感が

   日経エンタテインメント!の品田英雄編集委員は、マスコミのプライドにこだわっているようだ。「我々(マスコミ)にしてみれば、6か条をつきつけられて、それを飲まされた形での、(テレビ)ドラマのお仕事(を与えるの)というのは、そう簡単にはいかない。2年のブランクもあり、今までの実績がそのまま通用するとは思えない」

   番組コメンテイターでテレビの天才のテリー伊藤は、昨日(3月17日)に引き続いて「沢尻エリカの存在感」を口にし、「テレビのフレームよりも映画のほうが彼女の存在感がでる」と、映画での活躍をすすめていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中