2018年 5月 23日 (水)

泉谷しげると「強風」 思い出した忌まわしい過去

印刷

   ミュージシャンの泉谷しげるは2010年3月20日から21日未明にかけて吹き荒れた強風で、30年前の「モンゴル」ロケを思い出している。

   テレビのスペシャルドラマ「チンギスハーン」で中国ロケに参加した時に、ちょうど黄砂が吹く時期で、街全体が真っ黄色だった。砂の正体はゴビ砂漠の砂。粒子が細かく、パウダーに近いと言っていいくらいで、どんなに閉め切っても無駄だった。テーブルに砂がたまるし、そのうち体全体が粉まみれに。服の布地にも入り込み、カラダが重くなっていった。持ってたカメラも動かなくなり、腕時計も止まってしまった。しかし何よりも恐怖だったのは、人々がイラついて、あちこちで喧嘩が起きたことだ。

   迎賓館に泊めてもらい、撮影から戻るとすぐ服を着たまま湯舟に浸かった。濡れた服を干すところがない高級な部屋だったので、仕方なくシャンデリアに吊り、「迎賓館ダイナシだったぁ!」と3月21日のブログで振り返っている。<テレビウォッチ>

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中