2018年 6月 22日 (金)

毎週どんどん安くなるけど… 心理戦で「お得」勝ちとれ

印刷

<テレビウォッチ> 行列のできる激安古着店を、番組は取り上げた。青森からスタートし、現在は全国30数店舗を構え、東京(郊外)にも店舗を増やしている「ドンドンダウンオンウェンズデイ」。その売りはユニークな販売システムだそうな。

最後は100円に

   店名にもある通り、毎週水曜日に商品の値段がどんどんダウンしていくのだ。当初4000円の服が翌週には3000円――といった調子で、最終的に100円まで下がる。待てば安くなるが、その間に他人に買われてなくなるかもしれない。「待つか!! 決めるか!! 取られるか!!」(店内のキャッチ)の駆け引きが楽しめる。値段が変わる水曜には、開店前から長蛇の列だ。

儲かって…

   「東北発のユニークなショップ。その勢いはまだまだ続きそうです」。ナレーションはそう締めくくったが、番組コメンテイターでワタミ経営者の渡邉美樹は「いいビジネスモデルだけど、正直収益上がるのか。NPOのやる仕事じゃないかな」と少々冷ややか。

   と、ここで葉山エレーヌアナに異見あり、めずらしくひと言コメントを述べた。「儲かってるんでしょうねえ」。どちらの見立てが正しいのか、その謎はまだまだ続きそうです。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中