「出家女優」小川眞由美 その髪の毛は今…

印刷

<テレビウォッチ>女優の小川眞由美(70)が出家(得度)していたことが判明した。今日(3月23日)の番組は、小川が活動する寺の関係者インタビューを紹介した。

「読経がうまい」

   登場したのは、小川が得度した「六水院」の「東京支部関係者」という女性だ。この関係者によると、小川は読経がうまく、院を訪れた人にお茶を出す手伝いなどもしている。剃髪は、髪の一部を少し切っただけで、「坊主頭」にしているわけではない。作務衣姿のこの女性関係者の髪も、肩にかからない程度に伸びている。

   小川は、1970年代の「女ねずみ小僧」シリーズなどで知られる。スタジオでは、芸能リポーターのみといせい子が解説した。小川は以前から仏教に興味を持っていたそうだ。読経がうまく、今ではお経を読む際に、周囲の人たちを先導する役を務めることもある。寺に住み込んでいるわけではなく、週に2、3回通っている。みといは、小川のかつての離婚や婚約破棄の流れをおさらいしつつ、出家で女優をやめるわけではない、と話した。コメンテーターたちからは、質問や感想はなかった。

   新聞報道によると出家したのは2年前だそうだが、この2年間の女優としての活躍はどのようなものがあったのか、もしくは活動実績はないのか、その辺りの情報も欲しかったが、報告はなかった。出家したことは、今後の彼女の演技にどんな影響を与えるのだろうか。

文   赤坂和郎
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中