庄司智春が明かす 知られざるネタ作りの秘密

印刷

   お笑いコンビ・品川庄司の庄司智春がブログで、ネタ作りの方法をちょっとだけ紹介した。

   2010年3月21日の記事によると、ちょうど会社でネタ作りをしていた最中だったらしい。庄司のアイデア出しの方法は「頭に思った事をノートにバーっと書いて」いくスタイルだ。後で読み返してみて、「なんじゃこれ?? っておもう事もありますが」ともいうが、とにかく何でも書いていく。

   すると今度は、そうした雑多なものを整理して、また書き出すのだ。この段階でもまだ「なんじゃこれ」と思うものがあるそうで、さらに削除し、書き出し……この繰り返しで内容を詰める。時には、放送作家のアドバイスも聞きながら、また1人、ノートに向かうのだ。

   本人は「意外とマジメでしょ?」とアピールするも、「お前裸でオイル塗って叫ぶだけでノートいらないと思ったかい?」と自虐的にも書いている。もっとも、出演するライブ時には服を着て披露するコントもあって、興味のある人は見に来てほしいとのPRも忘れなかった。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中