2018年 7月 23日 (月)

痛車で娘にモテまくり? それでも拒否した芸能人

印刷

<テレビウォッチ>「おもしろいねえ」と、コメンテイターのテリー伊藤。幕張メッセで開かれた痛車(いたしゃ)の祭典「萌え博2010」の映像が番組で紹介されたときの感想だ。ちなみに痛車とは、アニメや漫画のキャラクターをボディにこれ見よがし描いた車のこと。使われたキャラクターはローゼンメイデンに初音ミク、プリキュアetcetc。

昔は永ちゃんを…

   車好きのテリーは「ボクはゴルゴ13でやってみたいね」と意欲を示すが、司会の加藤浩次は「昔、矢沢永ちゃんを描いた人は多かったけど、それがいまこっち側になっちゃってんですね。んー」と、ちょっと納得いかない、浮かない様子を見せる。

おいおい

   コーナー進行の青木源太アナが「加藤さんも自慢の愛車にプリキュア貼ったら、娘さんも喜びますよ」とオススメするが、「いやいや、ウチの娘はもうプリキュア卒業してるんで」ときっぱり冷たくお断り。青木が「じゃあ、まあほかのアニメを」と食い下がるも、「そーですねー。おいおいですねー」とまるでやる気のない口ぶりで応酬していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中