2019年 9月 17日 (火)

パラリンピックお金の話 選手がTVで話した「限界」

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

「苦労」1位は費用

   「朝ズバッ」が障害者アスリート152人への調査で、苦労していることは? の問いに、3位38.8%が「仕事に支障」、2位42.8%が「練習所がない」、そして1位は82.9%のダントツで「費用がかかる」だった。その費用は年平均で110万円。

   大日方選手は「これは夏冬の平均で、一般的は夏の方がかからない」

   アルペンの森井大輝選手(29)は「海外遠征費用だけで300万円。ほかに用具代などもいれると大変な額になる……」

   大日方選手「4年後を目指すのであれば、年間1人800から1000万円くらいの費用がかかる。自分たちで負担するのは限界」といった。

   クロカンの荒井秀樹監督(55)のひと言が重かった。「ワールドカップ(WC)に出てないとパラリンピックに出られない。そのWCで各国は国が助成している。自費で出ているのは日本だけです」。みのは「それ、なんとかしよう」と即座に請け負ったが、さて……。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中