パラリンピックお金の話 選手がTVで話した「限界」

印刷

<テレビウォッチ>バンクーバー・パラリンピックで、金銀銅が3、3、5、計11個のメダルを獲った選手団がきのう(3月24日)帰国。メダリストが「朝ズバッ」に勢揃いした。アルペン、クロスカントリーにアイススレッジホッケー銀の15人が加わったからにぎやかだ。

補助金の差

   アルペンで銅2つ、通算10個目のメダルを手にした大日方邦子選手(37)はじめ、金銅の狩野亮選手(24)らの健闘ぶりが流れ、クロカンで2つの金を獲った新田佳浩選手(29)は、因縁のおじいちゃん達さん(92)との物語。

あの方は

   みのもんたが新田選手のメダルを触って「金2つ、男だねぇ」といったので爆笑。「はっはっ、なに笑ってんの?」

   そして初のメダル、銀をとったアイススレッジホッケーでは、遠藤隆行選手(32)が最も輝いた選手におくられる「ファン・ヨン・デ功績賞」を受賞した。日本人で初。また、すっかり有名になった中北浩仁監督(46)の「Good Job」も飛び出した。

   が、ここでみのが、国の補助金でオリンピックとの格差に言及したことから、ご祝儀ムードから一転、お金の話になった。

   補助金は、オリンピックは文科省から25.9億円、対してパラリンピックには厚労省から2.6億円だ。

   「この差はなんですか。オリンピックには報奨金もある」とみの。新田選手には、鳩山首相から電話があったとか。新田選手は、ロシアの選手などへの補助金が日本とは額が違うことを話したという。

   みのは「あの方は毎月お母様から1500万円もらってるから……」(笑い)

「苦労」1位は費用

   「朝ズバッ」が障害者アスリート152人への調査で、苦労していることは? の問いに、3位38.8%が「仕事に支障」、2位42.8%が「練習所がない」、そして1位は82.9%のダントツで「費用がかかる」だった。その費用は年平均で110万円。

   大日方選手は「これは夏冬の平均で、一般的は夏の方がかからない」

   アルペンの森井大輝選手(29)は「海外遠征費用だけで300万円。ほかに用具代などもいれると大変な額になる……」

   大日方選手「4年後を目指すのであれば、年間1人800から1000万円くらいの費用がかかる。自分たちで負担するのは限界」といった。

   クロカンの荒井秀樹監督(55)のひと言が重かった。「ワールドカップ(WC)に出てないとパラリンピックに出られない。そのWCで各国は国が助成している。自費で出ているのは日本だけです」。みのは「それ、なんとかしよう」と即座に請け負ったが、さて……。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中