松坂投手、赤ちゃんのへその緒切る 夫人「元気もらえたのでは」

印刷

<テレビウォッチ>松坂大輔投手・柴田倫世夫妻の間に3人目の赤ちゃんが生まれた。2010年3月25日、倫世夫人がブログで報告した。

   赤ちゃんは3000グラムの女の子。3月18日に誕生した。ブログによると、松坂投手は「ラッキーなことに3人目のへその緒も切ることができました」。上の2人の子どものときもへその緒を切っているようだ。その翌朝には、所属する米大リーグ・レッドソックスのキャンプ地フロリダへ向かった。赤ちゃんの誕生に立ち会えたことで「沢山のエネルギーをもらえたのではないかなと思っています」と、倫世夫人は夫の気持ちを代弁した。

   倫世夫人は、元日本テレビアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーをしている。04年に松坂投手と結婚した。25日のブログには、赤ちゃんとお兄ちゃん、お姉ちゃんとの微笑ましい対面の様子も描かれている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中