「基地移転」政府案で着地可能か 「受け入れ先公募したら?」

印刷

   <テレビウォッチ>冒頭のナレーションで「アメリカ側に提示する政府案の概要が判明しました」と、『得もり』コーナーでタイムリミットが近づいている米軍普天間基地の移設問題を取り上げた。

「県内と県外の真ん中」

押しつけ

   いったい何処に着地するというのか、妙案でもあったのか?? しかし、笠井アナが示した政府案は「『県内』と『県外』の真ん中に着地しました」と。

   それによると移設先その1は、沖縄県内のキャンプ・シュワブ陸上部にヘリの離着陸帯を建設する。その2は、戦闘機の離発着用として鹿児島県・徳之島などに普天間基地の一部滑走路機能を移す。これで普天間基地機能の5割以上を沖縄県外に移設できるというものだ、と説明した。もっとも、この辺りは報道にバラつきがあり、はっきりしないところもある。

   鳩山首相は「沖縄県民の思いを十分考慮して……」とか言って答を先延ばししてきたが、結局は妙案などあるわけなかった。

   ではその反応は?? まず、政治アナリストの伊藤惇夫は「かなりハードルは高いと思う。あっちこっち当たったが、結局ダメなんでこういうところに落ち着いたという感じが色濃い」。

   自民党の額賀元防衛庁長官は当然、「八方美人的なやり方で国際詐欺だ」と手厳しい批判を。

   県外移設を主張していた福島社民党党首は「すこし前進したが、県民は納得しないのではないか」。

   その『県民代表』である沖縄県知事も鹿児島県知事も『絶対反対』というし、アメリカ政府も「現行案のキャンプ・シュワブ沿岸部が最善」という主張を崩しておらず、八方ふさがりの状態だ。

ゴミ焼却場問題と…

   小倉キャスターが「ゴミ焼却場がなければ困ると分かっていても、自分の地区に焼却場建設は反対とどこか似ていて、ずっと沖縄に押しつけてきた。公募したらウチに来て欲しいという自治体があるかもしれないよ~」と。

   これに森本アナが「あと5日かありませんよ」と。それに軍事戦略上のこともある。赤字自治体が名乗りを上げてもそう簡単には進まないのでは。

   コメンテーターの小笹芳央が「にっちもさっちもいかなくなった。結局、いい顔しすぎたツケが回ってきた」と。

   近く閣僚委員会を開いて政府案について最終調整を行うというが、ブレまくっている鳩山首相はどんなリーダーシップをとるつもりなのか??

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中