2018年 7月 22日 (日)

「絶対安静」キンコン西野 「おそらくアバラ骨にひびが」

印刷

   お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が2010年3月27日のブログで、転倒から靭帯を損傷したと書いている。

   西野は3月初旬、出版社に向かって走っていた際、中目黒駅前で転倒したことを報告していた。右足首が捻れ、左膝からは流血。激痛に襲われたという。

   その後も痛みがひかず、「すぐに足が変な方向に折れる」という状況だったので、27日のブログでは、病院に行ったと書いている。

   診察を受けると靭帯が切れていたことが分かり、医師には「サポーターをつけて安静にしていたら自然に治ると思います」と言われた。また、胸の痛みもあったのでCTスキャンも撮った。詳しい結果は翌週に出るが、医師は「おそらくアバラ骨にひびが入っている」と語ったという。

   医師に「絶対安静」を命じられたと書いている西野だが、「ちょうど良かった」。飲みに行く回数は減るかも知れないが、作業部屋にこもって仕事に打ち込む予定だ。

「それにしても寝返りをうつと地獄的に胸が痛む。いちいち面倒だ」<テレビウォッチ>
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中