2018年 7月 19日 (木)

宮地真緒 おいしい目玉焼きの食べ方とは

印刷

   タレントの宮地真緒がブログで、おいしい目玉焼きの食べ方を紹介している。

「みなさんは、目玉焼きを食べる時、どういう所作で食べますか?」

   2010年3月27日の記事によると、宮地の場合まず、黄身の部分を切り取ることにしている。黄身には箸で切れ目をいれ、そこにしょう油かソースを流し込む。黄身が少し黒くなったところを箸ですい上げ、一口で食べるのだ。ポイントは「皿に半熟の黄身を落とさずに食べられるか」だとし、白身はその後に食べている。

「お行儀良くないけど、宮地は昔からこの食べ方が大好きなのです」

   コメント欄には、「自分は、目玉焼きは、まず全体的に軽く醤油をかけ、白身から食べます」「先にソースをかけ、黄身の真ん中に箸でツンと穴を開け、目玉焼き全部を持ち上げて穴から黄身を吸います」「七味唐辛子をふりかけて黄身をちょいと割った所に醤油をたらしてメシと一緒にかっ込みます」などと書き込まれ、ちょっとした議論となっていた。<テレビウォッチ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中