宮地真緒 おいしい目玉焼きの食べ方とは

印刷

   タレントの宮地真緒がブログで、おいしい目玉焼きの食べ方を紹介している。

「みなさんは、目玉焼きを食べる時、どういう所作で食べますか?」

   2010年3月27日の記事によると、宮地の場合まず、黄身の部分を切り取ることにしている。黄身には箸で切れ目をいれ、そこにしょう油かソースを流し込む。黄身が少し黒くなったところを箸ですい上げ、一口で食べるのだ。ポイントは「皿に半熟の黄身を落とさずに食べられるか」だとし、白身はその後に食べている。

「お行儀良くないけど、宮地は昔からこの食べ方が大好きなのです」

   コメント欄には、「自分は、目玉焼きは、まず全体的に軽く醤油をかけ、白身から食べます」「先にソースをかけ、黄身の真ん中に箸でツンと穴を開け、目玉焼き全部を持ち上げて穴から黄身を吸います」「七味唐辛子をふりかけて黄身をちょいと割った所に醤油をたらしてメシと一緒にかっ込みます」などと書き込まれ、ちょっとした議論となっていた。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中