2018年 7月 23日 (月)

亀井「陸軍大臣」説 「首相を何だと思ってるのか」

印刷

<テレビウォッチ>郵政見直し法案などで「存在感」を発揮する亀井静香郵政・金融担当相の動きを、番組は「亀の乱」と見立てる。その「亀の乱」について、番組終了間際に3人のコメンテーターが見解を述べた。

「郵政で得点稼いで…」

   大澤孝征は「最近の亀井さんの言動を見ていると、総理大臣を何と思っているのか」と切り出した。そして、普天間の問題、官房機密費などで、所轄の大臣が総理大臣と違うことを言っている例を上げ、絶対権力者に近い権限をもつはずの総理であるにも拘わらず、仲間うちの首席くらいにしか見られていないのではないかと指摘、「亀井さんは明治憲法下の陸軍大臣に近い感じを受ける。オレが言えば通るんだ、みたいな所が感じられてならない」と言った。

これから

   若一光司は「逆に(国民新党が)ちっちゃな党だから今回、郵政で得点を稼いで特定郵便局の支持を得たいと思っているのではないか」と話す。

   鳥越俊太郎は「連立政権だから意見の対立はしかたない」とし、国民は、これまで自民党政権を見ていて、内部で意見の対立はあり得ないと思い、今度はおかしいぞと思っているかもしれないが、「これから議論すればいい」と結んだ。

   きょう(3月30日)夕方、開かれる閣僚懇談会はどういう流れになるのか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中