不機嫌なTKO木本 忘れようとしたものの…

印刷

   お笑いコンビ・TKOの木本武宏がブログで、新幹線の中で起きた心の葛藤を面白おかしく紹介している。

   2010年3月29日の記事に掲載された本人の写真は、顔をしかめ、拳さえ握りしめていた。というのも、新幹線の中を子供たちが走り回っているせいだ。移動が多いので慣れているのだろう、「春休みや夏休みの恒例です」とも語っている。

   ただ、どう考えても子どもはうるさかった。親もほったらかしているので一遍、注意してやろうかとさえ思う。が、木本は「怒られた子供凹むやろな、せっかくの春休みで久しぶりのお出かけかもしれんし」との考えが浮かび、親に指摘しようと思う。でも今度は「久しぶりの夫婦水入らずの時間が潰れるなぁ」と考えてしまう。

   そうするうちに、そんなことでイライラしている自分の器は小さく、男らしくない――そう思った。が、忘れたころに、子どもたちはやってくるのだ。木本の考えは冒頭に戻り、その後、同じ思考が頭の中をぐるぐる7周半ぐらいすると、ちょっぴり眠くなってきたらしい。

   本人は東京までは眠って過ごそうと考え直し、目をつぶったという。……その後どうなったのか。それはまだ書かれていない。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中