hitomi「早すぎる死」追悼 女性スタッフの思い出

印刷

   シンガーソングライターのhitomiがブログで、ライブ制作に関わっていた女性スタッフの早すぎる死を追悼した。

   ガンだった。しかもその女性スタッフは「まだまだこれからという若さ」でもあった。hitomiに対していつも、「hitomiチャン!hitomiチャン」と言って慕ってくれたのが今では懐かしく、愛おしく思えてくる。死はあまりに突然で、その胸の内は「なんだヨ~、もっといっぱい話したかったヨ」。

   産まれて生きて、その後、どうなってしまうのかはわからない。でもだからこそ、「生きてるうちはいっぱい生きてやろう」と思うのだ。

「こんな自分もどんな自分もそして、いろんな誰かもいっぱい愛してとことん生きて、生かしていきたい」

   慕ってくれた彼女の、大好きだった笑顔はいつまでも心の中にあり、忘れることはないと文章を結んだ。コメント欄にも様々な思いを持った書き込みが40件近く寄せられており、生と死について考えるきっかけとなったようだ。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中