2018年 7月 23日 (月)

落馬・骨折の武豊 「不幸中の幸い」感じた理由

印刷

   競馬の武豊選手は2010年3月27日に阪神競馬場で行われた「毎日杯」で落馬し、左鎖骨などを骨折した。オフィシャルサイト内の日記で状況を記している。

   3月30日の報告によると、話ができる状態に戻り、腰椎のけがは「さほど重大なものではない」という診断を受けて「ホッとしている」。ただ、骨折した左鎖骨はこの日、手術を受けることになった。

「その後のリハビリを頑張って、できる限りの早い復帰を目指します」

と意気込んでいる。

   しかし事故が起こったのはスピードが上がった場面での落馬で、「よくぞこれだけのケガで済んだものと、不幸中の幸いを感じています」ともいう。

   出場する予定だった桜花賞、皐月賞には別の選手が騎乗することが決まった。これについては「気持ちを前向きに切り換えているところ」としている。<テレビウォッチ>

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中