2019年 11月 22日 (金)

小沢幹事長に「覚悟」迫った男 「参院2人擁立」その前に…

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

<テレビウォッチ>党内からは「殿ご乱心?」という声もあるんだそうだ。小沢幹事長がきのう(3月31日)、京都と静岡で参院選に2人目の候補者を立てると発表した。が、静岡からは、早速きつい一発がかまされた。

「支持率低下のタネまいたのは…」

   京都では衆院の河上満栄議員の鞍替え。昨2009年の選挙で比例区の候補者は全員当選しているから、河上議員の代わりはいない、衆院で1議席を失うことになる。

無視

   が、小沢幹事長は「参院で報いることができる」と強気一方だ。しかし、選挙をになう地元では共倒れを懸念するのは当然。これが静岡では、はっきりとした声になった。

   最大の支持母体、連合静岡の吉岡秀規会長が、「民主党の支持率低下の原因は、政治と金。小沢氏の問題が深くかかわる。2人擁立と辞職願あるいは辞任をセットで出していただければ、それだけの覚悟があれば、真剣に向き合ってもいい」といったのだ。

   もしこのままで選挙となれば、2人目の候補者は悲惨なことになりかねない。間隙をぬって、自民以外が入る可能性もある。地元の懸念には「だいいちこの支持率で?」「タネを蒔いたのはだれだ」というのがある。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中