小沢幹事長に「覚悟」迫った男 「参院2人擁立」その前に…

印刷

<テレビウォッチ>党内からは「殿ご乱心?」という声もあるんだそうだ。小沢幹事長がきのう(3月31日)、京都と静岡で参院選に2人目の候補者を立てると発表した。が、静岡からは、早速きつい一発がかまされた。

「支持率低下のタネまいたのは…」

   京都では衆院の河上満栄議員の鞍替え。昨2009年の選挙で比例区の候補者は全員当選しているから、河上議員の代わりはいない、衆院で1議席を失うことになる。

無視

   が、小沢幹事長は「参院で報いることができる」と強気一方だ。しかし、選挙をになう地元では共倒れを懸念するのは当然。これが静岡では、はっきりとした声になった。

   最大の支持母体、連合静岡の吉岡秀規会長が、「民主党の支持率低下の原因は、政治と金。小沢氏の問題が深くかかわる。2人擁立と辞職願あるいは辞任をセットで出していただければ、それだけの覚悟があれば、真剣に向き合ってもいい」といったのだ。

   もしこのままで選挙となれば、2人目の候補者は悲惨なことになりかねない。間隙をぬって、自民以外が入る可能性もある。地元の懸念には「だいいちこの支持率で?」「タネを蒔いたのはだれだ」というのがある。

議員は駒?

   みのもんた

「衆院の人は、衆院にふさわしいと選ばれたんでしょ?」
北川正恭
「参院から衆院へというのはあるが、その逆は相当なことですよ。それが京都。静岡はもっと深刻でしょう。煮詰まるとだんだん厳しくなってくる」

元村有希子
「連合の支持で政権を獲ったというのに。議員をコマのように党略に使うのは有権者としては抵抗がある」

   みのは「衆院で投じられた1票が無視されている」。そしていつもの台詞。

「新人議員に、東京にいなくてもいいんだ。地元で選挙運動をやれといったんですからね」

   これはまさしく自民党のドブ板選挙の焼き直し。彼は新人議員に「君らの仕事は、次の選挙で当選することだ」といった。「そんな議員は要らない」というのが、有権者が選挙で示した結果だったのだが……1人だけわかってないのがいるという皮肉?

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中