鳩山ゴマすり政権 首相に「すばらしい」連発

印刷

<テレビウォッチ>鳩山首相VS谷垣自民党総裁の党首討論をどう見たか――男性コメント陣3人の話が三者三様で興味深かった。

「末期症状」

   三反園訓が「前回よりはまだよかったというのが自民党内の受けとめ」とし、「一方、鳩山さんは『腹案』があると言った。しかも、地元の了解を得た上で5月末には決めると。本当に出来るのか。ウルトラCだ。もしなかったら相当、致命傷になると思う」と述べる。

情けない

   すると、やくみつるが「きょう(4月1日)発売の週刊文春が『鳩山首相 ほんにお前は屁のような』と、屁になぞらえていたけど、鳩山さんのおなかにガスしか入っていなかった、というようなことにならなければいいが」と、漫画家らしい見方を披歴した。

   「もう1つ気になったのは」と切り出した三反園は以下のような場面を伝える。党首討論終了後、鳩山首相に対して周辺が「総理、よかったですよ」「すばらしかった」と連発していたというのだ。そして三反園は「周りが、よいしょとか、いいことしか言わなくなると、政権は末期症状」と述べ、総理大臣になって半年以上たつと、いいことしか言わない人を周りに集めるようになる、と続けた。政界を長年、取材してきた記者らしい説明だった。

   耳を傾けていた鳥越俊太郎は「ついこの前まで政権にいた自民党が野党に下ると、人のあげ足を取ったり、欠点しか言わなくなる。情けない」と、谷垣総裁側を批判した。よほど自民党がお嫌いとお見受けした。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中