2018年 7月 23日 (月)

2010新入社員は「心開かない」型 中野美奈子は何タイプ?

印刷

<テレビウォッチ> 厳しい経営環境を象徴するように新入社員の初出勤日は、あいにくの春の嵐となった。

入社式

   番組では、4月1日行われた話題の企業の入社式を取り上げた。さてどんな入社式だったのか……

やがて消える

   リコール問題で揺れるトヨタ。1250人の新入社員を前に豊田社長は次のように訴えた。

「マラソンに例えると、トヨタは先頭集団にいたわけですが、今回つまずき大転倒してしまいました。『私がトヨタを立て直す』くらいの強い気持ちを持ってほしい」

経営再建中の日本航空。グループ企業を含む566人の新入社員に稲盛会長は「このような状況で入社を決意いただき大変心強く思っています」と、こちらはグッと低姿勢。

ボディーピロー型

   ところで、新入社員のタイプを毎年発表している日本生産性本部の『職業あり方研究会』によると、今2010年の新入社員は『ETC型』。その理由は「関係を築こうとする直前まで心の『バー』が開かない」からとか。

   企業側が『心のバー』を開いてくれず、なかなか内定が決まらなかった反動で、トラウマが残っているというわけか??

   ちなみに、02年入社の中野アナは『ボディーピロー(抱きつき枕)型』で「クッション性があり等身大に近く気持ちがよい。上司が気ままに扱うと床に落ちたりする(早期退職)」。

   1987年入社の笠井アナは『テレフォンカード型』で「一定方向に入れないと作動しないし、仕事が終わるとピーピーうるさい」。

   キャスターの小倉が「やがて消えるだろうとは言っていないの?」と冗談を。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中