自民の「代理投票」 今回が初めてなの?

印刷

<テレビウォッチ> 番組終了間際、赤江珠緒が「自民党のベテラン議員、若林正俊・元農林水産大臣が、採決で代理投票していたことが分かり、議員辞職願を出しました」と慌ただしく伝える。

若林・元農相が議員辞職願

   このあとCMを挟んで、ニュースルームから本間智恵アナが読みあげたところによると、3月31日の参院本会議でNHK予算案採決をする際に、席を外していた青木幹雄・前参院議員会長の投票ボタンを押したというのだ。

引退の

   赤江から「前代未聞ですね」と振られた山口一臣が「気になるのは、今回が初めてだったのか、過去にもやっていたのか」と言いかけると、大谷昭宏が引きとって「青木さんが、『席を外すから、若林さん、押しておいてくれよ』と、もし言ったとすれば、若林さんだけの責任なんだろうか。ご本人の承諾なしに1票投ずるだろうか」と疑問を呈する。

   スタジオ陣に「なるほど」というムードが流れる中で、大谷が「若林さんは農水大臣のときから、いつも誰かの代わりに登場していた」と続けて、笑いを誘う。

   山口が「でも、(若林さんは)今期かぎりで引退の意向だった」と言ったのが止めになった。それにしても、自民党はよく民主党を助ける。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中