「アデランスは私でした」 実際会った人は見抜けたか

印刷

<テレビウォッチ> 逃げる犯人を2人の刑事が追いかける、札ビラが舞う……という迫真の演技に、「カツラはだれでしょう?」という例のアデランスのCM。きょう(4月5日)から答えが出た。

髪をバッサリと

   逃げるのが新庄剛志(38)、追う2人が高嶋政宏(44)と八嶋智人(39)だが、そのスローモーションの場面で、高嶋がにっこり笑って、「アデランスは私でした」とやる。だが、そのはげ上がり方が尋常でない。まるで時代劇のカツラ状態だ。葉山エレーヌが目を丸くした。

全然

   これはわざわざ髪を剃って、そこへカツラを乗せていたのだった。そのメイク映像が出た。ふさふさの髪を額からゾリゾリと刈り込んでしまう。まさにばっさりだ。

   剃った状態をみた八嶋が「すげえな! これだけ見たら時代劇だ」。新庄も「ウワー」。高嶋も撮影の合間に、「電撃ネットワーク」のものまねをしたりして……。まあそれほどの状態なわけだ。

   加藤浩次が、「すごい。大胆にいきましたねー」

   テリー伊藤も「ボクは2、3日前に高嶋さんに会ってるんですよ。全然わからなかった」

   加藤「アレ(カツラ)をつけていたってことでしょ?」

   このCM、「アデランスは誰でしょう」シリーズの第2弾なのだそうだが、これまで、「誰か髪の薄いのが1人混じっているんだろう」くらいにしか見てなかった。まさかこんな荒っぽいことをしてるとは、意外や意外。

   あれだけばっさり切ったところへカツラ、なのに、諸事うるさいテリーがまったく気づかなかったとなれば、これはPR効果抜群だろう。

   三船美佳「他のお仕事する時はずっとつけている?」

   大竹真「髪が伸びるまではずっと……どれくらいかかるんでしょうか」

   技術の進歩は、あらゆるところに及んでいるんですね。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中