小林麻耶を排除しただけ? TBS新ニュースの「旧態依然」

印刷

「Nスタ」(TBS) 2010年3月29日 16時53分~

   このタイトルはNHKの物真似か。「総力報道」があえなく討ち死にした穴に、評判のいい堀尾正明の夕方の「イブニングワイド」を2時間拡大挿入したもので、内容的には全く新しくもなんともない。横に座っている長峰由紀も同じだし、佐古忠彦も「ニュース23」で見慣れた顔。これでは、あの小林麻耶を排除しただけではないのか。
   日本語も怪しいタレントをぞろりと並べる愚はやっていないので、後はニュースの選択と斬り方次第であろう。今のTBSでははなはだ心許ないが。他局も日本テレビの「news every.」やテレビ朝日の「スーパーJチャンネル」などが、それぞれ働き盛りの男性局アナにMCを交代させて一新したので、抜きん出て客を獲得するのは容易なことではない。長い間の「TBSはパス」という視聴者の潜在意識を覆えさせるには、格別な信頼と魅力が増さなければ難しい。
   森田正光が定番のお天気オジサンポストに座ってはしゃいでいる。彼は何十年もTBSの天気の顔だったのだから、もう他局では仕事にならない。この番組と一蓮托生、彼のキャラにはファンもついているし、時間をたっぷりもらってユニークなお天気トークを繰り広げる余地はある。先頃ドラマにもなったNHKの倉嶋厚に、優るとも劣らない地平を開拓する努力をするべし。
   ニュースの項目ごとに余計な効果音が流れるのは必要ない。ニュースの王道を目指すのにショーアップはいらないのである。

(黄蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中