沢尻エリカ「もっとヌーディーに」 挨拶でまた「別に…」のワケ

印刷

<テレビウォッチ> あの「別に……」の騒動で姿を消して以来2年半ぶりに、沢尻エリカ(23)が復帰した。エステのCM会見では、一皮むけた風な落ち着きをみせていたが、第2弾のグラビア撮影の現場を、中山美香がルポした。

「反省もした」

   ファッション雑誌「GLAMOROUS」5月号(きょう4月7日発売)が、過去最大の24ページの特集を組んだ、その撮影風景だ。天使風の羽をつけて木に登ったり、プードルのイメージの衣装、床一面に本が散らばった上に半裸で横たわる、表紙では女王のイメージとか……。

別人のような

   多くは沢尻が考えた衣装、シチュエーションだとのことで、本文のインタビューでは、「衣装の素材のディテールに相当こだわりましたし、ひとつの絵をつくりあげるのに何度も打ち合わせた。衣装とか世界観のつくりあげ方全体に深く入り込めた」といっている。

   編集長も「木に登って天使の格好、という発想はなかなかないし、色鮮やかな羽をつけること自体おもいつかない」という。本の上のシーンも、「もっとヌーディーに」と沢尻がいい出したその場の思いつき。腰にかけたファーも私物だったとか。

   インタビューでは、2007年9月の「別に……」についても語った。最近になって当時の映像を見たが、「『アタシ大丈夫?』と思った。『何考えてんの?』って、自分でもびっくりした。もっと違ういい方があったと思うし、反省もした」。

   編集長にも「気持ちをコントロールできない」とか、「嫌なことがあるとすぐ表情とか言葉に出てしまう」「そういうものがなくなってきた」といっていたそうだ。

テリー「さすが、と」

   これからについては「いろんな人がエリカをつくりあげてくれたわけだから、今度は私が表現の場に戻って、世の中をすこしでも明るく照らす番なんじゃないか。いまようやくその準備が整ったタイミング。職業は女優、そしてアーチスト。女優は私の柱」といっている。

   加藤浩次が「うーん、別人のような」と、後ろで「ウフフ」といったのはテリー伊東か。加藤は「けっこう本音を語ってるんでしょうね」

   中山が、「GLAMOROUSの5周年のパーティーで、編集長が沢尻に挨拶を求めたところ『別に……』とやって大爆笑だったそうです」

   加藤もテリーも「それは受けるわ」

   おおたわ史絵が、「結婚が相当よかったんじゃないか。気持ちが安定して」

   テリーは「いまの人はいつまでも10代20代でいたいというのがあるが、彼女は違う。年齢の中でかっこよく、というのは大切なことだ。いい作品に出て、さすが沢尻だ、違うなと思わせることでしょうね」

   しかし、本質は変わっちゃいない。ま、それがタレントというものなんだろうが。

   それより加藤は、映像で出た編集長のファッションが気になったらしい。「あの襟が」なんていってる。中山も「おしゃれなんですよね」。おいおい何を取材してたんだ?

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中