マイケル・ジャクソンの共演者 披露した演奏と思い出

印刷

<テレビウォッチ> 関根麻里の「週刊マリウッド」がきょう4月7日でちょうど3年になるのだと。加藤浩次が、「本当に? 早いねぇ」、で、記念すべきこの日のゲストは、オリアンティ。あのマイケルと共演した超絶テクのギタリストだった。

「夢が叶った」

   いつもながら、「ほぼ生出演」とか「かも」というのが意味不明だが、本人がちゃんとギターをかかえて現れた。おまけに花束をもってきて、麻里に「3周年」を祝福。加藤が「麻里ちゃんがもらって、どうするのよ?」

どうするのよ

   オリアンティといえば、マイケル・ジャクソンの「This is it」でのデュエットが衝撃だった。さっそく麻里が「どうだった」と聞いた。

   「すばらしい。夢が叶ったという感じ。マイケルは人間的にもすばらしい」

   加藤が「映像を見ると、もっと来い、もっと来いといってるようだったが」

   「ステージにあがったミュージシャンからベストのものをひきだしてくれようとする人だった。現実とは思えない、帰ってからも夢のようだった」

   ここでオリアンティがギターの音を出した。その迫力に、ロバート・キャンベルが英語で割り込んだ。「日本のギタリストと共演したことは?」「ある。チャーと2005年に横浜で」「すごい」

めでたしめでたし

   となればもう、ライブしかない。披露したのは、デビューアルバム「ビリーブ」から、「According to you」。オリコン洋楽ランキングで初登場で1位。9周連続トップ10入りというヒット曲だ。

   もちろん「口パクなし、ギターもナマ」だとのナレーションだが、始まってみると、バックの映像と口が合ってた。どうなってるの???

   まあ、それはともかく、やっぱり弾き語りはかっこいい。うん、マイケルが目をつけただけのことはある。

   みんな興奮して、通訳もごちゃごちゃ。キャンベルはまた英語でしゃべり出すもんだから、なにがなんだかわからない。最後はみんなでスッキリのポーズで、めでたしめでたしだった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中