広島カープ石井琢朗 木村コーチ訃報に「無念」

印刷

   プロ野球・巨人の木村拓也コーチが2010年4月7日、死去した。4月2日、広島-巨人戦の試合前、練習中に突然倒れ病院に運ばれたが意識不明が続いていた。広島カープの石井琢朗は、7日に「無念」と題したブログを更新した。

   「訃報」を受けての記事だ。石井も2日の試合ではベンチ入りしており、木村が倒れたときの様子を目の当たりにしていた。

「原監督が言ってました。 『奇跡を祈るしかない』と。 僕ら選手同様、ファンの皆さんも同じ気持ちだったと思います。 その祈りも届かず…」

   2人がプロでチームメートだったことは、ない。だが、石井も木村もドラフト外で入団し、プロ野球選手としてはそれほど体格に恵まれているとはいえない。昨2009年で現役を退いた木村だが、目いっぱいのプレーで第一線で活躍してきた姿を知っているからこそ、石井も祈り続けていたのだろう。

「ただただ、無念でなりません」

   石井の悲しみは、深い。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中