モンスターペアレンツ対策 「仰る通り」は正解か

印刷

<テレビウォッチ>この春、東京都の教師たちに「学校問題解決のための手引」が配布された。副題に「保護者との対話を活かすために」とある。例のモンスターペアレンツ対策だ。西村綾子がレポートした。

ボタンの掛け違い

   手引きの中身は要するに、学校側の対応にも問題があるので、どう対処したらいいかというものだ。保護者と接する心得10か条というのがあるが、相手をねぎらう・話がゆきづまったら状況を変える、などといいうものだ。

空気が…

   都の調べでは、公立校2418校のうち、学区だけでは解決困難な問題をかかえている学校が、234校もあった。

   例1:遠足の水筒に名前がなかったので、担任がマジックで名前を入れた。すると、母親が「ブランドものだ。オークションに出そうと思っていたのに」と弁償を求めてきた。

   例2:子どもが、「先生にブサイクといわれた」と母親。教師が「そんなことはいってない」というと、「子どもがウソをついてるというのか」と激こう。担任を変えろ、辞めろといい出した。

   例3:教室内で女の子が男の子を突き飛ばした。教師が注意するとパニック状態になった。それを母親につたえ、「家ではどうか」と聞いたところ、以後昼夜を問わず「うちの子が」といやがらせ電話で、ついに担任を変わることに。

   これについて、手引きを書いた東京学芸大・小林正幸教授は、「家庭教育どうなっているんだという響きはまずい」「家ではいいお子さんなんですねぇ。安心しました。でも今回こんなことがあって心配だった、といえば」「最終的には先生と親御さんが一緒に考えていけるようになれば」と。

   教授は「始めから理不尽なわけではない」「要望のレベルだったのに、ボタンの掛け違いで要望ではないレベルになってしまう」というのだ。

「認める形になるのが怖い」

   手引きには、親切にも、「こういう時は、こう答えましょう。表情や声のトーンも重要」「座る位置はこうこう」などと書いてある。ん? そういうレベルの話なのか?

   本村健太郎は、「そういうこともあるかもしれないが、基本的には親の方が悪いと思う。先生方が本来でないこうしたことで力をとられるのを避けるには、という程度の意味しかない」

   はるな愛は、「信じられない。大人が子どものままのような」

   加藤浩次は「腫れ物に触るようで、関係が作れないのでは?」

   ところがテリー伊藤は例3を、「男の子をかばうのか女の子をかばうのかで、父兄は半分に分かれる。繊細な気持ちで聞かないといけない。先生は教育者であると同時に空気が読めないと」という。

   加藤は「手をあげた子の親は、すいませんというべきだと思うが」

   テリーは「男の子の親を呼んでないでしょ」

   本村は「先生がそこまで気を使う必要ないでしょ」

   これは面白くなるなと思ったら、時間切れ。加藤が、「モンスターを認める形になるのが怖い」と締めて終わった。

   手引きなんて、一種の演技ではないか。なんで学校がヘコへコするのかがわからん。いっそ本音でとことん怒鳴り合った方がスッキリするでよ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中